« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

わからないこと

亡くなった親父の同級生で、親父が亡くなった後も毎年一度は会っていた人がいる。
ご自宅に遊びにいってお菓子をよばれた事もあるし、地域では民生委員もされていて、活躍してはった。
若い頃、奥さんを亡くされて、再婚話もあったようだけど子供達が了承しなかったため、ずっと独身を通してはりました。
とにかく豪快な人で、「こりゃ、着いていけんわ。」と思ったこともあるけれど、面倒見のいい方でした。
自分が奈良に移り住んでから、滅多にお会いすることはなかったのですが、先日訃報を耳にしました。
全然知らなかったのですが、糖尿病で両足を切断し入院生活を送っておられたみたいです。

そうかと思うと、知り合いの知り合いが先日、草刈の途中でなくなられました。
死因はわからないそうです。

人間いつかは死ぬ。それはわかっていてもいつ死ぬかわからない。
だから、自分はまだ死なないと思ってる。
「あなたの命は、あと3年です。」と宣告されたらどうするかな?
「のんびり行こうぜ」もいいけれど「のんびりしていて良いのか」という気もする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

種の保存

いやぁ~、毎日蒸し暑い。昨日の京都の気温は37.4度もあったとか。
体温以上だから、そりゃあ暑いのも不思議じゃない。
うちにもエアコンは4台備わっているけど、この10年間ほとんどつけたことがない。
つけもしないものを何故備えているのかというと、この家を買った時から付属していたから。
エアコンはつけなくても除湿機はつける。

ところでカエルツボカビ病というものが流行っているそうで、地域によってはアマガエルが全滅状態なのだとか。
そんな訳でこの三連休はこの暑い中ご近所を散歩がてら、カエルがいるかいないか観察しに行ってきた。
結果、アマガエルは見なかったけどツチガエルはこれでもかちゅうくらいおった。
カエルが全滅しても関係ないわという人がいるけれど、カエルがいなくなれば大変なことになる。
つまりは生態系が崩れるということ。
生き物は、生き物だけでなく植物もそれぞれが何がしか関連しあって、連鎖しあって、ひとつながりになっている。
カエルがいなくなれば、エサとなるハエや蚊が増える。
カエルをエサとする、蛇や鳥が減る。
ハエや蚊が増えれば他の捕食者、例えばトンボが増えるかというとそれは難しいと思う。
いずれにしても、それぞれが何らかの形で関わって生きている。

カエルの個体数がどれだけ減っているのかは知らないけれど、生き残った個体の子孫が耐性を身に着けて生まれてくることを祈るのみ。
元々、外来種が原因となって発生したらしい。
耐性のある外来種は何ともないらしいが、耐性のない日本に元々いるカエルがこの病気にやられてしまうようだ。
珍しいからと買ってきたペットが手におえなくなって捨てるようなことをしてはならない。
そういう人は最初からペットを飼っちゃいけない。
あるJA職員の人が言ってた。
誰かが捨てたアライグマが野生化して繁殖し、農作物が食い荒らされるらしい。
かわいい顔をしてるけど、彼らは案外凶暴なんだそうだ。
だからといってアライグマを容赦なく殺していい…とはいえない。
難しい問題だ。
ただ、原因を作ったのは誰かということだけは、ハッキリしている。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

不摂生

あ、足がちょっと痛い。
そう思ったのは、月曜日のこと。
以前に痛風になったことがあって、また発症したのかと思うけど、前になったときほどの痛みはない。
どこかで打ったのかなあと思っても心当たりがないので、医院に行って診てもらったところ、やはり痛風だった。
考えてみれば前に痛風になってから摂生し、体重も一年間で18キロ減量し、50キロ台に。
あまりに急激な痩せ方に周りからは大丈夫かとの声もあがり、中には「あいつ、死によるんとちゃうか。」と思っていたヤツもいたそうだ。
ところが、あるお役について外食することが多くなり、時期によっては連日アルコールと絶対メタボになるやろというくらいの料理を食べる毎日が続いたので、ああこれはいかんなあと思いつつ、運動もせず過ごしたツケが回ってきたということでしょうな。
とりあえず、痛みを散らす薬とかもらったので、それを飲んで、今年の夏はビールもやめて摂生し運動する日々を送らなければなるまい。

カメラも少し控え目にせねば…
車もできるだけ乗らず、歩くように…
適度に運動するように…
食事の量を減らすように…
ビールはダメ…
やることは一杯ある。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

熱帯夜

いやあ、それにしても蒸し暑い。今日は熱帯夜だとか。
うちには形だけだけどエアコンはある。
エアコンはあるのだけど、過去10年でつけたのは数えるくらい。
昨年は2回つけた。
で、今年は…おそらくエアコンのスイッチを入れることはない。
うちのエアコンは家を買った時から備え付けられてあって、珍しくガスで冷却するようになっている。
昨年、給湯器が壊れて修理の見積もりをしてもらったところ、思いの外高くつくことがわかったので、思い切ってオール電化に変えた。
よって、元々備え付けられていたガスエアコンは形だけで、取り外すにも費用がかかるからそのままにしてある。
あまりにも蒸し暑いのでせめて除湿だけでもと思ったけれど、電気店で扇風機が安く売られていたので、扇風機を買ってきて暑さをしのぐことにした。
吹く風が少々生暖かいけれど、無いよりはマシ。
じっとしていても汗が噴出すくらいだから、明日の朝起きたら干からびて干物のようになってるかも知れませんなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »