« 料理の食べ方 | トップページ | いい加減 »

枚方サイクリング

「いつでも行けるわ」という気があると、いつまでたっても行けないということがあって

例えば大阪に生まれ育った人でも通天閣にのぼったことがないという人は

意外に多いのとちがいますやろか。

ぼくも今は奈良県に住んでいるけど、生まれも育ちも大阪です。

けれども大阪の市町村の中にはまだ一度も行ったことがない、というより

車や電車で通過したことさえないという場所もあります。

先日、枚方市に行ってきましたが、枚方というところも

子供の頃、遠足で行ったっきりで、京都に行くときに通過するだけでした。

(実際は枚方に行ってみて、15か16歳の時に枚方の松下記念体育館での

ボブ・ディランのコンサートに行ったことを思い出したのですが…)

121c

今回、東海道の57次ぎめの宿場町が枚方であることを教えてもらい

また、淀川を京都伏見から大阪天満橋を往来する三十石船の

船宿が並んでいた場所が枚方で、船宿や街道筋も整備されて

保存されていることを教えてもらったこともあっての枚方行きです。

このことを教えてくださった「森のどんぐり屋さん」から

枚方に関するパンフレットを送っていただき、綿密な(?)計画の下

観て回る予定だったのが、ちょっと欲張りすぎて

我が年齢も考えず、自転車を使って一日で枚方市内全域を見て回るなどと

無茶な計画をたてちゃったんですわ。

自転車で回ることを考えたら、一箇所で長く時間を取れないにもかかわらず

淀川河川敷と東海道の街道筋辺りでかなり時間をつぶしてしまい

予定に入れてなかった、青空市や街頭コンサートなんかを観ていて

大幅に予定が狂っちゃいました。

あとはひたすらペダルをこぎ、立ち止まって写真を撮ったら

またすぐペダルをこぎ、帰る頃にはお尻が痛いのなんの。

まあ、あまり欲張らずに、ポイントを決めてじっくり観て回るべきだったと反省です。

短時間であちこち見物する団体旅行やないいんやからねえ。

枚方の印象は駅前の賑やかさにちょっとびっくりしたのと

少し離れればのどかな淀川沿いと、それに並行する旧い街道筋。

車優先の国道1号線(階段を登らんと横断できない場所が随所にあり。

自転車ではちょっと辛い)

出口がわからない団地の中(魚籠の中に入ってしまった魚状態ですな)

住宅地を抜けたら突然現れる田園風景。

見所はいっぱいありそうです。

今回は何を撮るかわからないので標準に近いレンズだけを持っていったけど

今度行く時は、もっと的を絞って行こうと思うのでした。

|

« 料理の食べ方 | トップページ | いい加減 »

外出記」カテゴリの記事

コメント

駅前はやけににぎやかで、一応現代風で、でも、路地を入ると昔ながらの商店街も。
ご覧いただきたいところはたくさんあります。 よかったら、気長に探訪をお続け下さいね。  出歩けない私は、楽しみにしていますので。

投稿: 森のどんぐり屋 | 2007/04/13 11:03

そうですね。
一度にあちこち見ようと思ってもなかなか大変です。
もともとどこかに出かける時は、一ヶ所でじっとしてることが多かったのに、
今回はちょっと欲張りすぎでした。
結局、写真もいつものように落ち着いて撮れなかったし…
反省です(泣)。

投稿: おすぎ | 2007/04/13 18:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24871/6069438

この記事へのトラックバック一覧です: 枚方サイクリング:

« 料理の食べ方 | トップページ | いい加減 »