« 枚方サイクリング | トップページ | アーモンドチョコレート »

いい加減

ええ加減(いい加減)という言葉は、ええ加減やわ。

「ええ加減にせえっ」って言うときは否定・NOの意味になるけど、「あ~、ええ

加減に熱燗できとるなあ」というときは、肯定・OKでまったく正反対の意味に

なってしまう。

「結構です」ちゅうのもOKなのかNOなのかわからん。

話の流れからOKなのかNOなのかはわかるけど、「結構です」という言葉自

体は、どちらの意味でも使われますなぁ。

「もっと、食べはりますか?」

「いや、もう結構です。」はNOの意味。

「この料理の出来栄えはどう?」

「大変結構です。」はOKの意味。

そういえば、自分というのは私であり、一人称なんやけど、相手のことを日常

会話の中では「自分」って言ったりする(関西だけかもわからんけど…)。

「自分、ええ加減にしいや。」…もちろんこれは相手を非難する時に吐き出さ

れる言葉やけど、「オレ、ごっついええ感じ。」という意味にとれなくもない。

151c_1

イーデス・ハンソンさんが日本に来てまだ日もあさい頃、電車の中の日本人

の会話を聞いていて不思議に思ったそうである。

「ああ、久しぶりですなあ。」

「ああ久しぶり。どうしたはるんですか?」

「いやぁ~、先日阪急宝塚の方に引っ越しましてなあ。」

「ほう、これはまた閑静ないい所に行かはったんですねえ。」

「ええ、また一度遊びに来てくださいな。」

「おおきに、一度遊びに行きまっさ~。」

というような会話があって、そのうちの一人が次の駅で降りたんやそうですな。

ハンソンさんはその時こう思ったんやそうです。

『阪急宝塚としか言ってないのに、遊びに行けるのだろうか』と。

外国から来た人にとって日本語って理解しがたい部分があると思いますわ。

以前、学生がこんな会話をしてました。

「あ~、失敗してしもうたわ。なんとしても汚名挽回せんとなあ。」

「せやなあ。」

これこれ。それを言うなら汚名返上でしょ。

汚名を挽回してどうすんの。

いやはや、日本人にとっても日本語は難しいようで。

|

« 枚方サイクリング | トップページ | アーモンドチョコレート »

言語」カテゴリの記事

コメント

もう、頷きながら読みましたよ!
関西人は『自分』を相手を指していいますね。
あれは、他の地方の方は前後をよく聞かないと混乱するでしょうね。
ましてや、外人さんなら、混乱されちゃいますよね。

前回、今回の写真、何を撮っているか
わかりました。
多分、合っていると思います。
私も以前、ブログアップしたんですよ。
まだ、イチデジを買う前でしたけど・・
一度、あれを一つ一つ撮ってみたいんですよね~。

投稿: マロン♪ | 2007/04/16 00:02

>マロン♪さん
相手をさして『自分』っていうのは
たぶん関西人だけなんでしょうね。

何の写真を撮ってるかわかっちゃいましたか(笑)。
動く歩道に乗っちゃう人が多く、案外気づかない人も多いと思うんですが、さすがはマロンちゃん!

次回もここの写真使おうと思ってるんじゃが
どないしようかなあ?

投稿: @管理人 | 2007/04/16 17:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24871/6101456

この記事へのトラックバック一覧です: いい加減:

« 枚方サイクリング | トップページ | アーモンドチョコレート »