« アーモンドチョコレート | トップページ | 歯科医御用達デジカメ »

一人称・二人称

 前々回に、関西人は話し言葉の中で相手のことを『自分』っていうということ

について書いたけど、日本語の一人称・二人称は非常に多くて、例えば一人

称だと私・僕・うち・あたい・俺・おいら・わて・わし・おいどん・あちき・拙者・我

輩・麻呂・朕…ものすごく言い方がある。

 二人称にしても同じで、あなた・君・あんさん・おまえ・きさま・お主・おい(?)

…言い方はいろいろありますなあ。

181_1

 ところが英語ではどうなんでしょう?

 おそらく、私は『I』あなたは『You』という言い方しかないのではないかなあと

思います(よく知らんけど)。

 昔、テレビで英語の字幕スーパーの入った映画『七人の侍』を見ていて、三

船敏郎さんが鬼の形相で「貴様ぁー!」と叫ぶ場面の字幕スーパーが『You』

だったのを覚えてるけど、なんか変な感じがしたもんやわ。

 どちらかっちゅうと『Gut’em』(つづり間違ってるかも)の方が、場面から言うと

合ってるような感じがしたもんです。

 (なんか、この記事、以前にも書いたような気がするけど…重複してしもうた

かも)

|

« アーモンドチョコレート | トップページ | 歯科医御用達デジカメ »

言語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24871/6148542

この記事へのトラックバック一覧です: 一人称・二人称:

« アーモンドチョコレート | トップページ | 歯科医御用達デジカメ »